GPSを使用して自動車を追跡する方法をご紹介します

使用可能なクレジットカードブランド

GPSの種類! 今現在の位置がわかる【リアルタイムGPS】

リアルタイムGPSは、対象者や自動車の”現在位置”がわかります。

  • キッズケータイ
  • リアルタイムGPSマップ表示
  • CH-035バンパー内取付け
  • ココセコム
  • AUマモリーノ
  • ドコモキッズケータイ

リアルタイムGPSの特徴

リアルタイムGPSは、早い話がデータ送信に特化した携帯電話です。

高い精度で(最良の条件で5メートル~10メートル)GPS機器の現在位置がわかります。

パソコンのブラウザ画面、携帯電話・スマホ・タブレット端末等でインターネットにつながるものであれば、どのデバイス・スマートデバイスからでも追跡・位置検索が可能です。

リアルタイムGPSを使用すれば一人でも人や車を尾行することができます。

キッズケーターとココセコム

リアルタイムGPSのメリット

リアルタイムGPSの最大のメリットは、 ケータイ・スマホで現在位置がわかる点です。

対象車両から少し離れた位置で追跡・尾行が可能なので現場証拠などの収集が容易になります。

リアルタイムGPS表示例

リアルタイムGPS表示例

リアルタイムGPSのデメリット

デメリットは、 契約が必要、月々の費用がかかる点

リアルタイムGPSは、携帯電話のインフラを利用して位置情報を送信します。
電波を使用するので電波法のもと”月々の使用料”が必ずかかります。

携帯電話に契約と毎月の使用料が必要なのも電波を使用するからにほかなりません。

簡単に言えば、リアルタイムGPSはデータ転送に特化した携帯電話そのものであり、機器の内部には携帯電話同様にデータSIMカードが入っています。
詳しくはリアルタイムGPSがレンタルな理由をお読みください。

もうひとつのデメリットとして、所有者・使用者を特定することができる点があります。

リアルタイムGPS=携帯電話なのでリアルタイムGPSにも1台1台に携帯電話番号が割り振ってあります。違法に使用すると所有者・使用者がわかる可能性があります。

GPSロガーは、電波を使用しないので電話番号も無く、所有者・使用者を特定するのは困難です。

尾行にはリアルタイムGPSが必ず必要

ケータイやスマホ画面で位置把握を行いながら尾行が可能という点で、現場での証拠確保を目的とした場合、リアルタイムGPSは最大の威力を発揮します!!

映画や刑事ドラマに出てくるような大掛かりな尾行作業は不用になります。

まとめ

リアルタイムGPSは、対象者や自動車の現在位置がわかります。

メリットは、スマホなどのモバイル端末から現在の位置が確認できるので離れた位置からの車の追跡・尾行が可能になります。

デメリットは、電波を使用するために毎月の使用料がかかるのでコスト的には高くつ点、機器に携帯の電話番号をもっているので所有者・使用者が特定される可能性がある点です。

おすすめコンテンツ

営業日カレンダー

Calendar Loading

 赤色文字は休業日です

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

24時間受付

電話でのお問い合わせ

050-7511-3497

営業時間:11:00~18:00
(日・祝定休)