GPSを使用して自動車を追跡する方法をご紹介します

使用可能なクレジットカードブランド

自動車追跡! GPSの種類と特徴を解説

車の追跡・尾行に最適なGPSは、必要な位置情報によって選ぶGPS機器がかわります。過去か現在か、どちらの位置情報が必要かによって、入手方法とコストが大きく変わってきます。

  • GPSデバイス類
  • 長時間GPSロガーマップ表示
  • 長時間GPSシリーズ
  • キッズケータイ
  • リアルタイムGPSマップ表示
  • 長時間GPSロガー

過去の位置情報か?現在の位置情報か? 目的別によるGPS機器を選ぶ

必要とする位置情報(過去or現在)によって使用するGPS機器とコストが変わる

  • 記録型GPS(GPSロガー)過去の位置しか分からないが、1度の購入で繰り返し使用可能
  • リアルタイムGPS今現在の位置が分かるが、通信事業者との契約と月々の使用料が必要 (電波法)
過去の位置か現在の位置かの違い

記録型GPS(GPSロガー)とリアルタイムGPSでは入手方法とコストに大きな違いがあります。

記録型GPS(GPSロガー)は一度購入すれば繰り返し使用できますが、
リアルタイムGPSは、電波法に基づき携帯電話契約と同様に 通信事業会社との契約と月々の費用が必ず発生します

つまり、電波を使用しない記録型GPSは、電子機器販売店などで購入することが出来ますが、電波を使用して位置情報を送信してくるリアルタイムGPSは、GPS端末+電波法に基づく使用契約が必要になるのです。

位置情報を見ることができるデバイス(PC・スマホ・タブレット)の違い

記録型GPS(GPSロガー)とリアルタイムGPSでは位置情報を確認できる(地図上に位置を表示できる)デバイス(端末)が異なります。

  • 記録型GPS(GPSロガー)
    インターネットに接続可能なパソコンで確認します。
    スマホ・ガラケー・タブレット端末では位置を知ることが出来ません。
  • リアルタイムGPS
    スマホ・ガラケー・タブレット端末・パソコン等、インターネットに接続可能なデバイスであればどの端末でも追跡・位置検索が可能です。
  • ※GARMIN等、高級機の一部はGPSロガー本体に地図表示可能なものもあります。

リアルタイムGPSと記録型GPSの地図表示比較

リアルタイムGPSと記録型GPSの表示比較
代表的なGPS リアルタイム 契約 長     所 短     所
ココセコムココセコム 小型、GPSと携帯基地局測位の併用なので安定しており信頼性が高い。 スマホ・ケータイで位置が確認できる。 検索するには手動でアクセスが必要。バッテリーの持久力が短い。
契約が必要。過去の位置はわからない。
キッズケータイキッズ携帯・マモリーノ3等 定時にメールで位置情報を取得可能など多機能。 スマホ・ケータイで位置が確認できる。 機器が大きい、発見された場合は面倒。機器が高価。所有者(使用者)が特定される可能性あり。過去の位置はわからない。
GPSデータロガーGPSデータロガー × 不要 小型で安価、契約不要。移動ルートが時系列で把握できる。所有者の特定が困難。 移動データを回収しなければならない。リアルタイムではないので尾行は不可能。スマホ・ケータイでは見れない。
PHSPHS位置検索システム(どこ・イルカ等) 小型、ランニングコストが安い、足取りモードを使用すれば足取りがつかめる。GPSではないので表示はかなりアバウト。 PHS基地局測位システムなので車などの高速移動体には不向き。誤差が大きく、尾行にはまったく使えない。

記録型GPS 【GPSロガー】は、対象車両が「いつ、どこへ立ち寄ったのか?」を調べるのに最適

車体下取付例    車体下取付画像集

GPSロガーは、安価に車の ”移動ルート・立ち寄った場所”がわかります。

GPSロガーは、移動経路を記録 (log: ログ)する機器。
パソコンで経路・位置・時間データを知ることが出来ます。

1度購入すれば繰り返し充電して使用でき、契約不要・毎月の使用料も不要です。

関連記事 GPSの種類!移動ルートや立ち寄り場所がわかる【GPSロガー】へ

リアルタイム型GPSは、対象車両が「今、どこにいるのか?」を調べるのに最適

キッズケータイ、ココセコムなどのリアルタイムGPS

リアルタイム型GPSは、対象者や自動車の ”現在の位置”がわかります。

高い精度で(最良の条件で5メートル~10メートル)居場所がわかります。パソコンのブラウザ画面、携帯電話・スマホ・タブレット端末等でインターネットにつながるものであれば、どのデバイスからでも追跡・尾行が可能です。

関連記事 GPSの種類!今現在の位置がわかる【リアルタイムGPS】ページへ

まとめ

車の追跡・尾行に最適なGPSは、必要な位置情報によって選ぶGPS機器がかわります。

GPSには、過去の位置情報を記録する【記録型GPS(GPSロガー)】と今現在の位置情報がわかる【リアルタイム型GPS】の2タイプがあります。 過去か現在か、どちらの位置情報が必要かによって、入手方法とコストが大きく変わってきます。

記録型GPS(GPSロガー)は、安価に過去の移動履歴を調べるのに適しています。

リアルタイム型GPSは、今現在の位置を知ることができます。

おすすめコンテンツ

営業日カレンダー

Calendar Loading

 赤色文字は休業日です

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

24時間受付

電話でのお問い合わせ

050-7511-3497

営業時間:11:00~18:00
(日・祝定休)